【連載1】ドイツ母子留学 日本の公立からドイツの小学校へ挑戦!

【連載1】ドイツ母子留学 日本の公立からドイツの小学校へ挑戦!

1.コロナで閉ざされたドイツへの道

2000年代から英語で学べる海外母子留学が人気になってきました。

マレーシア、フィリピンなど東南アジアは、英語が公用語のひとつで、イギリスの名門校も分校を開校し、母子留学の定番になってきました。

そこに新たな風を吹き込んできたのが、非英語圏のドイツ、ポーランド、チェコ、ハンガリー、スロバキアなど中央・東欧諸国です。

2015年前後から中央・東欧諸国の英語で学べる大学医学部が注目を集め、その下の教育課程である高校、中学校、小学校と中央、北欧、東欧留学の動きがサードウェーブとして人気になり始めました。

北欧、中央ヨーロッパは、非英語圏でも特徴的な教育を実践している国が多い。

その理由と背景は、ヨーロッパは、学費が無償のところが多く、非英語圏のため発信される情報量は少ないが、英語で学べるコースがあり、さらに安全で衛生的なところ街が多いことが挙げられます。

羽木桂子氏
羽木桂子氏

編集部は、日本の公立校からドイツの現地校またはインターナショナルスクールに母子留学予定だった羽木桂子氏に連載をお願いしました。

羽木氏は、秘境専門旅行会社、輸入会社勤務を経て、訪れた国は30カ国を越えています。

これまでの海外経験から、今後の教育に必要なのは語学力と不確実な世の中を生き抜く力と考え、広い世界を見て欲しいという思いから、娘とドイツ親子留学を計画されました。

新型コロナの影響でドイツ留学は、延期になりました。
そのため公立の小学校から国内のインターナショナルスクール(国際バカロレア認定校)へ転校し、渡独のタイミングを検討しています。

羽木氏は、コーチングや働き方、国際教育等について、自身のブログでも発信しています。https://bluebooby.net/

早速、羽木氏の連載、スタートです。


2020年、我が家は、私と小学4年生の娘とドイツのベルリンに親子留学の予定でした。インターナショナルスクール(以下、インター)で2~3年英語を学んでから、現地の公立校への編入を考えておりました。

しかし、新型コロナの影響で延期する事になったのです。

国境は閉ざされ、コロナの収束には時間がかかりそうなので、娘は公立の小学校から、ヨーロッパ系のインターへ転校する事になりました。

登校イメージ

娘は、英会話レッスンに通ったり、公文で英語の勉強はしていましたが、基本的にはほぼ英語は話せない状態で、地元のインターの4年生(Grade4)に編入しました。

PR:学校紹介 Advertisement
“東京都三鷹市にあるMusashi
1
2
3
4
羽木 桂子
秘境専門旅行会社、輸入会社勤務を経て、現在はフリーランス。旅行や出張、長期滞在で訪れた国は30カ国を越える。これまでの海外経験から、今後の教育に必要なのは語学力と不確実な世の中を生き抜く力と考え、広い世界を見て欲しいという思いから、娘とのドイツ親子留学を計画する。新型コロナの影響で延期となった為、現在娘は公立の小学校から、インターナショナルスクール(国際バカロレア認定校)へ転校し、渡独のタイミングを検討中。コーチングや働き方、国際教育・語学等について、自身のブログでも発信している。 日本語学科卒で日本語教員養成講座を修了。