【連載1】なぜ元海外駐在のエリートが、アジアのボーディングスクールを選択するのか?

1990年からの失われた20年。

日本は、世界大学ランキングで日本は、中国、韓国、シンガポールの大学に抜かれました。
その間、IT産業を筆頭にデジタルシフトをしていきました。
その過程で、大企業メーカー出身のエリートは、一つの決断をします。
それは、アジアのボーディングスクールを探し、子どもの選択肢を広げる「教育戦略」でした。

ieNEXT編集部では、その理由と背景、そして、現在のアジアのボーディングスクール事情について津吹達也氏に寄稿をお願いしました。


日本の教育が変わる?

2020年の文部科学省の学習指導要領の改定とともに、日本の教育は変革の真っただ中にあります。

大学入試はAO入試の導入などにより、これまでの一律的な偏差値型の教育から、社会の多様化にあわせた形式の入試と教育が模索されています。また、その選択肢は年々、多様化しています。

オンラインで学ぶ学習を中心にしたカリキュラムや英語で学ぶスクールや多様性理解など国際教育にフォーカスした学び、STEAMと言われる理工系学習をおこなう学校など、さまざまな特徴を持った学校が誕生し、話題になっています。

ものづくりをはじめSTEAM教育が注目を集めています。

特にオンライン教育は、2020年からのコロナ禍は、教育そのものの価値、学校のあり方にも大きな影響を与えました。

非常事態宣言から、ステイホームとなり結果的にオンライン学習が自宅で取り組まれるようになるとは、誰も予想ができなかったのではないでしょうか。

駐在中のインドネシアで気づいたこと

1990年代後半、筆者は、20代前半で日系メーカーに勤務していました。

当時、インドネシアに駐在をしていましたが、首都ジャカルタの街の至る所に日本企業の看板が輝いていました。

TOYOTA、SONY、Panasonicなど、アジアの空港に降り立つと日本メーカーの看板を目にしてきました。

高度成長を続けるインドネシアのジャカルタ

海外メーカーとグローバルに競いながら、築き上げてきたブランドが光り輝く光景に日本人として誇りと自信を持っていました。

PR:学校紹介 Advertisement
“東京都三鷹市にあるMusashi
1
2
3
4
津吹 達也
津吹 達也 武蔵野大学 アントレプレナーシップ学部 教員就任予定 アロワナアドバンスドアドバイザリー合同会社 代表理事  一般社団法人 教育ガラガラポン 理事 株式会社トラデュケーション 代表取締役 グロービス経営大学院2012年卒業(MBA) 1975年大阪生まれ。立教大学文学部を卒業後、松下電器産業(株)(現パナソニック(株)入社後アジア地域の海外営業、インドネシア駐在を経験。その後国内IT企業の海外事業展開責任者として香港・シンガポールの現地法人の立ち上げを行う。 2008年より高等教育領域に携わり教鞭をとる。2008年から立教大学経営学部(ビジネスリーダーシッププログラム)の教員として科目開発と授業を担当。2014年立教大学BLP Advancedで経済産業省キャリア教育アワード受賞。2014年より京都工芸繊維大学にて次世代リーダー育成の産学連携プログラム(Tech Leader Program/Kyoto Startup Summer School)を立ち上げる。 現在は都内インターナショナルスクールの立ち上げと経営推進を担当しながら、武蔵野大学アントレプレナーシップ学部(2021年4月開学予定)の立ち上げ準備に携わる。アロワナアドバンスドアドバイザリー合同会社では広く社会・地域への教育領域での提言やアドバイザリー活動を行っている。また産官学を広く束ねた教育業界のこれからに関する知見収集と意見交換のコミュニティとして一般社団法人教育ガラガラポンを運営している。「「IT前提経営」が組織を変える(2020年近代科学社)」共著