【連載1】なぜマレーシアのインターナショナルスクールを選んだのか?純ジャパ教育ママ体験記

【連載1】なぜマレーシアのインターナショナルスクールを選んだのか?純ジャパ教育ママ体験記


これまでボーディングスクールというとアメリカ、イギリス、スイスが3大ボーディングスクール国でした。
しかし、世界のグローバル化とともに香港、シンガポール、マレーシアなどにボーディングスクールのニーズが多様化し、世界でインターナショナルスクール+寮=ボーディングスクールの展開が増えてきました。

アジアのボーディングスクール増加は世界でも目を見張るものがあり、編集部はこの度、アジアボーディングスクール専門家のBoardingsc.com(サイト作成中)の津吹みさ氏に執筆を依頼しました。津吹みさ氏自身は帰国子女でもなく日本育ち。現在15歳の息子さんが幼少期から、中学から海外進学させると決めていたそうです。計画通り、現在マレーシアのボーディングスクールにいる息子さんをどう育ててきたのか、津吹みさ氏がどう考え行動してきたのか、子供を将来グローバル社会で活躍できる人材に育てたいと願う親御さんに向けて連載記事スタートです。


私は元々シングルマザーです。所得の大小に関わらず、子供になるべく良い学習環境を与えてあげたいとは親なら誰しもが思う事だと思います。私は、息子が幼児期からインターナショナルスクールに行かせたいと思っていましたが、日本にあるインターナショナルスクールはどこも学費が高く、全く手が届く気がしませんでした。今もそれは高止まりのまま。まだまだ、英語教育に熱心な富裕層だけが選べる選択肢です。

ところが、日本の外、東南アジアのマレーシアに目を向けると、私たち親子にも手にすることができる選択肢となりました。あなたのお子様もインターナショナルスクールに通えるかもしれません。

マレーシアのSUNWAY財閥は、SUNWAYインターナショナルスクールを開校しています。

マレーシア全土には160校以上ものインターナショナルスクールがあります。
首都クアラルンプールだけでも約60校あり、国家戦略としてASEANの教育ハブを目指すマレーシアではグローバル教育を取り入れるご家族の学校の選択肢が豊富です。

また、ロケーションも様々で首都クアラルンプール、クアラルンプール郊外、ジョホールバル、イポー、ペナン島、コタキナバルなどにあります。

すでに2万3千人ほどの外国人がマレーシアのインターナショナルスクールに通っていますが、驚くことにその倍の46千人ほどのマレーシア人もインターナショナルスクールに通っています。

マレーシアのインターナショナルスクールを選ぶ12の理由

1.英語学習環境
最大のメリットは英語環境で学べること。日本にいたら絶対に手に入らない環境です。やはり、英語習得への1番の近道は英語環境に身を置くことです。英語サポートクラス(EAL)がある学校も多く、英語力ゼロでも入学可能な学校も多いです。私の息子もほとんど話せないレベルから始まりました。

2.多国籍な交友関係の構築
マレーシアは多民族国家で留学生の受け入れにも積極的です。
色々な国籍の友人に出会えます。それは人生の財産となります。また、考え方、生活習慣、宗教の違いなどを肌で感じ、グローバルコミュニケーションを学べます。日本のインター校は老舗以外は日本人生徒がほとんどで、高い学費を払っても日本人社会になる事が多いでのすが、マレーシアは学校内外問わず多国籍で英語のみならず中国語やヒンディー語、マレー語など色んな言語を耳にします。

多民族国家のマレーシア。インターナショナルな国民性と隣国シンガポールの発展も大きく影響を及ぼしているようです。
1
2
3
津吹みさ
日本育ち。現在マレーシアのインター校で寮生活中の息子と2歳の娘あり。 自身の考えで子供を海外に進学させた母親として、その経験を誰かの参考にして欲しいと思いセミナーを開催したり執筆したりと活動している。「子供の選択肢を拡げる」をテーマに活動している。