対談1:海外校と連携!新たな国際教育が地域を活性化させる〜

少子化、人口減少、頭脳の海外流出

日本が抱える問題に、国際教育の視点からアプローチ。

国内大学の国際化をリードしている立命館大学でグローバル戦略を推進する今川新悟さんと兵庫県姫路市で「SDGs×教育×地方創生」に取り組む姫路女学院高等学校を運営する摺河学園学園長山田靖さんが、それぞれの戦略、これからの可能性について対談。日本のグローバル教育について、一緒に考えました。

▽ Youtubeでは、国際高等学校開設準備室のケリー校長、早川事務局長も参加された「国際教育の最前線 Vol.1 SDGsを通じた国際教養人としての次世代リーダー育成とは?」を公開中!


本対談で話されていない「こぼれ話も楽しみです」。

世界中から大学を選ぶ時代に選ばれる学び!立命館大学のジョイント・ディグリー・プログラムに見る可能性

編集部:日本の大学の国際化をリードされている立命館大学では、海外の学位がとれるプログラムがいくつかありますが、アメリカン大学とのジョイント・ディグリー・プログラムは、立命館大学とアメリカン大学との共同学位の授与ということで、とても興味深い仕組みですね。

今川氏:本学は、西日本初の国際系学部を1988年に開校して以来、教育のグローバル化に積極的に取り組んできました。年間約2,300名の外国人留学生を受け入れ、全世界68ヶ国・地域、461大学と留学協定を締結しています。

2018年度にスタートしたアメリカン大学とのジョイント・ディグリー・プログラム(JDP)は、日米二つの大学が一つのカリキュラムを編成し、卒業時には両大学連名で一つの学位(グローバル国際関係学学士)を授与するという、日本初のプログラムです。

▽ 立命館大学とアメリカン大学とのジョイント・ディグリー・プログラムの公式Youtube。

PR:学校紹介 Advertisement
“東京都三鷹市にあるMusashi
1
2
3
4