分析!三井物産が世界で挑む教育とは?

編集部は、国際教育を調査する中である総合商社に注目しました。

人財を重視する三井物産です。

三井物産の国際教育の動きをまとめたのがこちらの図です。
▽こちらの図は、シェアフリーです。

2015年以後、三井物産が進めてきた事業のひとつが「国際教育」です。

三井物産の「国際教育」は、2015年英国QS社への出資からスタートしまし。

QS社は、主に留学エージェントと国際教育メディアを中心としています。

▽QS社が公表する「世界大学ランキング」は、進学先を考える生徒・保護者、学校、教育関係者に大きな影響力を持っています。引用:同社公式リリースのスクリーンショット。

QS社は、留学エージェントとして大学・大学院と強いコネクションを築いています。
ブログやレポートは、無償で公開されています。

同時に「QS世界大学ランキング」を最大限に活用し、ブログでは「アジア2021でトップの大学は?」と題する記事などを掲載しています。

1
2
3
編集長 村田 学
International Education NEXT 創刊編集長。アメリカ生まれ、日本育ちの帰国生。「インターナショナルスクールは、平和の指数」と考えています。 紛争地域や独裁政権下では、外交をはじめ政治、経済などで外国人が家族で赴任することが少ないからです。 ちなみに編集長ですが、3歳でアメリカの幼稚園を2日半で退学になった「爆速!退学」経験者です。 元インターナショナルスクール経営者で、国際バカロレアの教員研修を修了。 日本初のインターナショナルスクール専門メディアの創刊編集長を務めた後、「次世代国際教育メディア」の International Education NEXT 創刊に伴い編集長に就任しました。 【取材協力】 国際教育評論家「まなぼん」としてTV、WEBメディア、ラジオなどにも出演し、新聞のインタビュー、雑誌などにも寄稿しています。 開校コンサルティング、経営再建など実務経験から活躍しています。