世界初の一周旅行とインターナショナルスクールの増加

インターナショナルスクールの原点を探ると旅行代理店が一つの原点です。

ちなみに世界初の海外旅行代理店のイギリスのトーマス・クック社(Thomas Cook & Son)です。

同社は、残念ながら2019年に営業を停止しました。

世界一周旅行は、世界規模の旅客移動の変化でした。

1870年代の世界一周

同社が世界一周団体旅行を始めたのが今から150年前の1872年。

船旅による世界一周旅行をトーマス・クック社は販売を開始しました。

イギリスのリバプールを出発し、アメリカのニューヨーク、サンフランシスコから日本を経由し中国、シンガポール、インド、スエズ運河を通ってイギリスに戻る行程でした。

1930年前後、硬式飛行船がドイツからアメリカ合衆国や南米までの飛行していました。

しかし、ヒンデンブルク号が爆発事故を起こしたため、安全性から定期旅客手段とはなりませんでした。

トーマスクック社が世界一周旅行を販売始めた頃、日本で最初のインターナショナルスクールが横浜に開校しました。

今のサンモール インターナショナルスクールです。

交通手段と海外駐在員の移動性は、密接に関係があります。

旅行代理店のトーマスクックが世界一周旅行を販売した時期は、海外駐在員が増加し始めた時期です。

船旅から半世紀。

世界はより早く、安い移動手段を獲得します。

一頭の象の名前がそのシンボルです。

1
2
3
編集長 村田 学
International Education NEXT 創刊編集長。アメリカ生まれ、日本育ちの帰国生。「インターナショナルスクールは、平和の指数」と考えています。 紛争地域や独裁政権下では、外交をはじめ政治、経済などで外国人が家族で赴任することが少ないからです。 ちなみに編集長ですが、3歳でアメリカの幼稚園を2日半で退学になった「爆速!退学」経験者です。 元インターナショナルスクール経営者で、国際バカロレアの教員研修を修了。 日本初のインターナショナルスクール専門メディアの創刊編集長を務めた後、「次世代国際教育メディア」の International Education NEXT 創刊に伴い編集長に就任しました。 【取材協力】 国際教育評論家「まなぼん」としてTV、WEBメディア、ラジオなどにも出演し、新聞のインタビュー、雑誌などにも寄稿しています。 開校コンサルティング、経営再建など実務経験から活躍しています。