国際バカロレアの教育プログラムとは?

Group Of Teenage Students Collaborating On Project In Classroom

国際バカロレアの教育プログラムとは?(PYP,MYP,DP)

探究する人、知識のある人、考える人、コミュニケーションできる人、信念のある人、心を開く人、思いやりのある人、挑戦する人、バランスの取れた人、振り返りができる人。これは国際バカロレアが目指している学習者像です。

このような生徒を育てるために、幼稚園から中学校まで適切な教育を行っています。今回は、そんな国際バカロレアの教育プログラムについてご紹介します。

国際バカロレアの教育プログラム

ここからは主要なプログラムであるPYP、MYP、DPの3つについて紹介していきます。

PYP(Primary Years Programme 幼稚園・小学校相当)

PYPは3歳児から12歳児を対象にしたプログラムです。言語・社会・算数・芸術・理科・体育の6教科を学びます。
日本のカリキュラムと大きく異なるのは「私たちは何者なのか」「私たちはどのような場所・時代にいるのか」「どうやって自己表現するのか」「世界はどう動いているのか」「私たちはどう組織しているのか」「地球の共有」という、Units of Inquiry(UOI、探求の単元)と呼ばれる6つの科目横断テーマが並行して存在することです。

これらは各科目の内容を習得するだけでなく、それらを学際的に応用・統合して社会に出てから必要な考える力やアウトプット力をつけることを目的としています。

これら6つのテーマは独立したそれぞれが科目として取り扱われるわけではありません。教科内でも言及されるほかに、プロジェクトとして時間が割かれ、テーマの1つ1つを各学年ごとにじっくり探求していきます。

例えば、「私たちは何者なのか」というテーマにおいては、教師は「自分で決めていくことは幸福や健康に影響を与える」といった中心課題(Central Idea)を提示し、生徒に探求させていきます。

このように中心課題等のフレームワークはガイドラインとして提供されるものの、PYPで指導する具体的な教育の中身は、後述するDPと異なり国際バカロレア協会(IB)から提供されるわけではありません。

クラス担任や専科教員等の複数の教師が協働作業で決めていきます。

つまり「何をどのように学習するか」は学校のカリキュラム設計に委ねられていると言うことが言えますね。

学校及び教師は、生徒が理解できる身近な題材を選択し、既存の知識と新しい知識を関連付けながら、生徒が自らそして協調しながら理解を深める設計を行う必要があります。

生徒は学びのサイクルにおいて探究した内容をレポートや目に見える成果物として整理し、発表させ、Unitの最後に振り返りを行います。

そしてPYP課程の最後を飾るものとしてExhibitionとよばれる学内発表会が集大成として設定されます。

これは統一したテーマに基づき、一人またはグループで2-3か月かけてリサーチし、プレゼンするものです。

MYPプログラム(Middle Years Programme 中学校相当)

MYPはPYPに続くもので、11歳から16歳を対象年齢としています。MYPではこの後のDPの準備期間の意味も含めており、DPで重要な要素となる言語(外国語)を含む8つの教科(言語A、言語B、人文科学、理科、数学、芸術、体育、テクノロジー)を学習します。

またPYPと同様に、教科を超えた学際的な取り組みと実社会との関連性を重視しています。例えば、Areas of Interaction(AOI、相互作用のエリア)として「学習の方法」「コミュニティと奉仕活動」「人間の創造性」「多様な環境」「保険教育と社会性の教育」という5分野などが設定されます。

またこれもPYPと同様でDPと異なる点だが、各教科で扱う具体的な内容やカリキュラム体系はIBから提供されるわけではなく、学校独自で規定します。IBに新規認定申請する時点では予め用意しておく必要はありますが、最終的にIBが規定するのは8つの教科を実施することと、5つのエリアという最低限のフレームワークのみです。

この5領域はMYPが重視する教育観点として、各教科内での言及のほか、教科学際プロジェクトや教科間相互で協働設計したプロジェクトが想定されています。

そして生徒が知識を主体的に統合・整理し、現代社会への関心や能動的な態度を育てることを目的としています。最終学年ではPersonal Projectと呼ばれるプロジェクト学習があります。

DPプログラム(Diploma Programme 高校相当)

DPプログラムは、PYP、MYPと異なり、科目ごとのカリキュラムがIBから提供されています。これは世界共通で実施される統一最終試験の準備という側面もあるからとともに、その先にある大学入学準備も見据えているからと言えます。科目は、以下の6つのグループ(教科群)から1科目ずつ取得します。

なおイタリック体は日本語での開講が可能とされた科目を指します。

グループ1:言語と文学(Studies in Language and Literature):第一言語での学習
科目名:言語A:文学、言語A:言語と文学、文学と演劇
グループ2:言語獲得(Language Acquisition):外国語としての学習
科目名:言語B、初級語学
グループ3:個人と社会(Individuals and Societies)
科目名:ビジネス、経済、地理、歴史、情報テクノロジーとグローバル社会、哲学、心理学、社会・文化人類学、世界の宗教、グローバル政治
グループ4:科学(Sciences)
科目名:生物、化学、物理、デザインテクノロジー、コンピューター科学、環境システム
グループ5:数学(Mathematics)
科目名:数学スタディーズ、数学SL、数学HL
グループ6:芸術(The Arts)
科目名:音楽、美術、ダンス、フィルム、演劇

グループ1では母国語とその文化を重視するIBの考えに基づき、80以上の言語が準備されている。IBが母国のアイデンティティを失わせない教育を目指している象徴といえます。

また国際的言語運用能力を重視する観点からグループ2があります。そして全人的教育を重視する観点から芸術が1つのグループを構成していることも大きな特徴といえるでしょう。

上記6グループのほか、必修のコア科目として、Theory of Knowledge(TOK、知識の理論)、Extended Essay(EE,課題論文)、Creativity, Action, & Service(CAS、創造性・活動・奉仕)の3科目が配置されています。

この3つのコア科目の存在は探求型学習と全人的教育を強調するIB教育の大きな特徴といえますが、日本の科目では対比がなくわかりずらいと思われるので、内容について以下に補足します。

科目略称
概要
TOK
生徒が過去に各学問領域の学習や自らの経験を振り返りつつ、それらから得たものを統合する過程で論理思考・クリティカルシンキングや知の本質を身に着ける学際科目。最低100時間。試験はIBOから与えられたリスト10問から選択。
EE
DPの6分野のうち1つに関連した研究課題について4000字(日本語では8000字)以内の論文を作成。40時間を費やすことを推奨。答えを自ら探求し生み出すDPの集大成。自ら課題を立て解決する大学の卒業論文の準備ともいえるプログラム。
CAS
ボランティア・コミュニティでの活動など、学問以外の活動を行う時間を課し(最低150時間)、社会性・実践性・協調性などを身に着ける。

なお科目の多くはHL(Higher Level、240時間)とSL(Standard Level、150時間)の2つが設置されており、6教科のうち3つまたは4つはHLを、2つまたは3つをSLで学習する必要があります。

DPの成績評価

6つの教科グループの評価については1点から7店までの7段階評価で、4点以上が合格となります。TOKとEEは合算で最大3点が与えられます。なおCASは点数には加算されないが、学校から不合格と判断された場合には、必須単位不足とみなされて、DP課程の卒業資格が与えられません。
45点満点のうち、DPの取得基準は24以上です。

各科目の成績評価は学内評価と学外評価の合算であるが、学内評価は全体の2-3割で、これをIBに提出後さらにIBにおいて評価の適正性が図られます。次に全体の7-8割を占める学外評価は世界で統一試験が5月と11月にあり、この採点はIBの試験官が行います。

なお日本語DPで履修した場合でも、当然のことながら海外の大学でも同じように扱われます。世界統一試験という制度がある他に、何語であっても評価表(教育用語でいうルーブリック)が同一だからです。

IBDP取得率は概ね8割弱です。つまり、DP準拠の授業を受けたからと言ってDP取得が約束されるわけではありません。DP未取得者は所属する高校卒業をもって大学受験資格とすることとなります。その場合、日本の一条校であれば文科省が認定する卒業資格を得るだろうし、インターナショナルスクールであれば、CIS(Council of International Schools)等の国際的な評価団体の認定をもって大学受験をすることとなります。

授業を受けたからと言って必ずしも取得できるとは限らない点が日本の教育と違う点ですね。

IB教育における教師の役割

ここまでPYPとMYPについて簡単に紹介してきました。最後にIB教育における教師の役割について2つほどまとめたいと思います。

まず第1に、IB教育における教師の役割は、知識を一方通行で教える狭義のTeacherだけではなく、企業的に言うならばコーチ、ファシリテーター、メンター的な役割が極めて重要だと言うことです。
課題を提示する、生徒が能動的に活動する中で参考になるデータや記事を紹介する、チームワークをサポートする、纏め方を指導するなど、多岐にわたる役割があります。

第2に、PYPのUOIやMYPのAOIなどの学際的な教育を提供するには、担当科目を超えた教員間の綿密なカリキュラム設計への協働作業(コラボレーション)が不可欠となります。

具体的には全体設計を協同で行うほか、お互いにどのようなことを教授しておりどの様な協働ができそうかなどなど、毎週定期的にコミュニケーションするようなことになります。

これは自分の専門分野さえしっかり指導できれば良い、と考える教員に対しては、真逆に近いほどのパラダイムシフトでしょう。

つまりIB教育を成立させるには、全教員がIB教育を深く理解し、積極的にかかわることが不可欠なのです。逆に言えば仮に学校のトップがIB教育実施を決断したとしても、賛同教員と彼らの継続的関与がなければIB教育は成立しません。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、主要なプログラムであるPYP、MYP、DPについて解説しました。また、IB教育における教師の役割についても記述しました。
日本の一般的な教育とは違う点がたくさんありましたね。国際バカロレアについてもっと知りたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

ieNEXT 編集部
International Education NEXT 編集部は、国際教育の最新情報とノウハウをインターナショナルスクールの運営経験などを通して社会に情報発信をしています。 英語教育、留学、オンライン教育など国際教育のすべてをリサーチし、記事にし、参加できるイベントにしています。