国連のインターナショナルスクールからムサシインターナショナルスクールトウキョウの校長に就任したエドワード氏インタビュー

東京都三鷹市にある ムサシインターナショナルスクール トウキョウ(以下、MIST)*1

エドワード校長は、世界で生徒数がもっとも多いシンガポール・アメリカンスクールや国連インターナショナルスクールハノイ校に勤務されてきました。今回、MISTが校名を変更したのに合わせインタビューをさせていただきました。

編集部:御校は、日本で11校しかないケンブリッジ国際認定校です。MISTは、男女共学で2歳からの幼児部から初等部、中等部、高等部まで19歳まで学べます。2歳から高等部まで一貫してMISTで学べることによって、お子さんはどのように育つのでしょうか?

エドワード校長:生徒さんの人格を伸ばすという意味では、お子さんの未来をその子らしく伸ばすためにも、保護者との連携を大切にしています。

生徒のため保護者と先生の3つのグループが一丸となってお子様のためにチームとして歩んでいくことが大切です。

本校は、スモールスクールです。そのメリットは、やはり生徒ひとりひとりを「個」として成長を見守れる環境であることです。

ひとりひとりに寄り添うケンブリッジ国際認定校として、ゆくゆくは日本にけるケンブリッジ国際認定校のモデル校になりたい、という目標があります。

そのため日々、より良い教育ができるように、質が高い教育ができるように励んでいます。

ムサシインターナショナルスクールトウキョウは、2歳からの保育・幼稚部があり、英国式のケンブリッジ国際カリキュラムで学べる。

編集部:御校は、ケンブリッジ国際カリキュラムとSTEAM教育を掲げています。

エドワード校長:本校の中高部は以前からケンブリッジ国際認定校でしたが、初等部は、ようやくケンブリッジの認定を受けたところです。同時にケンブリッジ国際カリキュラムをベースにしてSTEAM教育も開発していきます。

MISTの校長に就任し重視していることとして、問題発見、そして問題解決ができる人物を育てたいと考えております。

私が育った時代は、たくさんの失敗から学びとることが重視されていました。そこからいかにそういう失敗を直していけるのか。

今の子どもたちが生きる21世紀には、生活様式を激変させるような素晴らしいテクノロジーが急速に進化する一方、新型コロナのような想定外の変化も起きる、答えのない未来が待っています。

今の新しい世代の子たちには、自ら問題を発見して果敢に解決策を提案し、それが失敗しても、また、改善策を提案していくことができるような人間になるように育てたいと思っています。

そのキーポイントの一つが「STEAM教育」です。

よく誤解されますが、STEAMは、Science、Technology、Engineering、Arts、Mathの頭文字の略称ですが、これらの科目を重視するだけならSTEAM教育ではありません。

STEAM教育とは、これらの分野の統合も含んだ、仮説・実験・検証・成功・失敗・再仮説と学びを深める問題発見解決学習のデザインなのです。

編集部:エドワード校長は、シンガポール・アメリカンスクールや国連インターナショナルスクールハノイで勤務をされてきました。国によって生徒構成が変わると思います。

例えば、アメリカ人、インド人、シンガポール人、マレーシア人、インドネシア人、ブルネイ人、韓国人、中国人などシンガポール・アメリカンスクールと国連インターナショナルスクールハノイ校では生徒構成が異なったと思います。地域によって国際生が変化する中で、校長としてMISTに赴任して教え方やコミュニケーションを変える必要を感じましたか?

エドワード校長:興味深い質問ですね。
例えば、国連インターナショナルスクールハノイ校ですと、各国からの生徒数が制限されていて、例えば、国連インターナショナルスクールハノイ校では、ベトナム人20%、韓国人 20%、アメリカ人20%、残りの40%は世界の他の国々からの生徒を目標にしていました。

日本人は、そのうち9%ぐらいでした。
シンガポール・アメリカンスクールでも、どちらの学校にも言えることがあります。

それは、アジア人の生徒構成が多いと様々な試験を受けさせたい、という希望がありました。
保護者からの要望で、ですね。

そのためにたくさんの種類の授業と試験を生徒たちは受けるのですが、果たしてそれで良いのだろうか、と感じていました。

どちらのインターナショナルスクールも長く勤務しましたが、試験とその結果を重視すぎる点がありました。

PR:学校紹介 Advertisement
“東京都三鷹市にあるMusashi