【連載4】ドイツ母子留学 日本の公立からドイツの小学校へ挑戦!

連載1,2,3回目は、こちらをご覧ください。
1.コロナで閉ざされたドイツへの道はこちらをご覧ください
2.なぜ「This is ちぎれてる~。」がバイリンガルの通過点なのか?
3.コロナが直撃したドイツへの道

我が家は、コロナの影響でドイツへの親子留学が延期になりました。
収束に時間がかかりそうだったので、娘は公立小学校から4年生で国内のインターナショナルスクール(以下、インター)に転校しました。

以降、娘の学校生活は、バイリンガルは普通になりました。
さらに三言語のトリリンガルも全く珍しくない環境に変わりました。

国内のインターでは、小学校低学年であれば英語があまり出来なくても受け入れてくれる学校もあります。

しかし、4年生になると難しくなってきます。

私自身、インターに問い合わせをしましたが「英語での授業内容が理解出来なくて、お子さん本人が苦労します」という理由で、断られました。

英語のサポート体制がどの程度整っているのか、学校によって対応が分かれるようです。

現在娘が通っているインターでは、我が家の状況を考慮頂き、英語がほとんど出来ないことを承知の上で、受け入れてくれました。

ヨーロッパ系のインターナショナルスクール

ヨーロッパ系のインターのためヨーロッパから親の転勤等で編入してくる生徒もいます。

例えば、フランス語は出来るけど英語は出来ないなど、日本人以外でも英語の出来ない生徒が編入してくることがあります。

ほとんどの生徒は1年前後で、英語による授業を理解できるまで言語力が成長します。

英語ができない生徒を、先生も生徒もクラスで受け止め、気しない雰囲気があります。

最強のトリリンガルとは?

インターには、日本で生まれたり、小さい頃から長期滞在している外国籍の生徒もいます。
そのような生徒は、母国語に加え日本語もある程度出来ます。

1
2
3
羽木 桂子
秘境専門旅行会社、輸入会社勤務を経て、現在はフリーランス。旅行や出張、長期滞在で訪れた国は30カ国を越える。これまでの海外経験から、今後の教育に必要なのは語学力と不確実な世の中を生き抜く力と考え、広い世界を見て欲しいという思いから、娘とのドイツ親子留学を計画する。新型コロナの影響で延期となった為、現在娘は公立の小学校から、インターナショナルスクール(国際バカロレア認定校)へ転校し、渡独のタイミングを検討中。コーチングや働き方、国際教育・語学等について、自身のブログでも発信している。 日本語学科卒で日本語教員養成講座を修了。