フランスのバカロレアとは?ナポレオンが作った試験制度

世界中の大学で認められているフランスのバカロレア

フランス語で(le Baccalaureate en France)は、高校の終わり(またはフランス語でリセ)に行われる広範な全国試験です。

バカロレアは、英国のカリキュラムのAレベルに相当し、大学や大学に通うことを希望する学生にフランスで必要な資格です。

バカロレアは、フランス革命の後、1808年にナポレオン・ボナパルトによって国家試験として導入されました。

▽フランス国民教育省の公式ホームページのスクリーンショット。

フランスの高等教育は3つに分けられます。

1,大学
学問分野ごとに組織される研究教育です。

2,高等職業学校
医療部門、 福祉関係、メディアなどの分野の教育は、高等職業学校で行われます。

3,グランド・ゼコール
グランド・ゼコールへの入学は選抜により行われます。名門のグランド・ゼコールに入ることは、非常に狭き門です。

グランド・ゼコールの選抜は、バカロレア取得から1年後または2年後の入学試験により行われます。
エコール・ポリテクニークは、国防省が所管し、パリ国立高等鉱業学校、サン=テティエンヌ国立高等鉱業学校は産業省が所管しています。
グランド・ゼコールは、フランス政財界の中心です。

バカロレア試験

卒業証書により、学生は自分の興味、能力、野心に応じて3つ進学先から選択することができます。

バカロレアは、15歳から18歳の生徒が研究し、選ばれた各シリーズは厳しいシラバスをカバーし、書かれたフランス語と話されたフランス語の習得を必要とします。 

1
2
3
4
ieNEXT 編集部
International Education NEXT 編集部は、国際教育の最新情報とノウハウをインターナショナルスクールの運営経験などを通して社会に情報発信をしています。 英語教育、留学、オンライン教育など国際教育のすべてをリサーチし、記事にし、参加できるイベントにしています。