1. 世界中で増えるボーディングスクールのすべて

21世紀 ボーディングスクール ルネッサンス

これまでボーディングスクールは英国、アメリカ、スイスの3カ国が主流で「規則、礼儀、自立心」を育み、大学進学及び人脈作りが重視されてきました

しかし、20世紀に入りグローバル化と新興国の教育ニーズが高まり、21世紀に世界でボーディングスクールが増えてきました。

そこでボーディングスクールの進化について「ボーディングスクール ルネッサンス」として連載します。

ボーディングスクールの歴史を紐解くと次の4つの段階があります。

  • 16世紀からの英国のボーディングスクール
  • 18世紀からのアメリカのボーディングスクール
  • 19世紀からのスイスのボーディングスクール
  • 21世紀のアジアのボーディングスクール

世界平和の願いを10代へ

ボーディングスクールの歴史を遡ると16世紀から20世紀まで、世界の大国は、英国からアメリカに変わり、同時に世界大戦を2度挟みました。

ボーディングスクールは、「規則、礼儀、自立心」からよりグローバルな視点でどのような人材を輩出すべきか、を内省とともに進めます。

戦争の反省から一つのボーディングスクールグループが誕生します。

それが、UWCグループです。
UWCの公式ホームページでは、UWCについて次のように記しています。

UWC (United World Colleges) is a global education movement that makes education a force to unite people, nations and cultures for peace and a sustainable future.     

編集部訳:UWC(United World Colleges)は、平和と持続可能な未来のために、教育を人々、国、文化を結びつける力にする世界的な教育運動です。*1

今日、大学より前の高校生の年齢で、多様な文化を体験し、理解することが、中長期的な平和に繋がる人材教育と考えられています。

21世紀のボーディングスクール

ボーディングスクールは、21世紀に入り、生徒の多様性がさらに増えています。
新興国だったブラジル、ロシア、インド、中国などが大国となり、ITとグローバル展開で多くの富裕層を生み出しました。

学歴主義と核家族化が進み、教育をプロに任せるアウトソーシング化が21世紀型ボーディングスクールの特徴です。

従来の「規則、礼儀、自立心」を重視する学校から「規則、礼儀、自立心+名門大学への受験指導+自然・教養+リーダーシップ」と提供するサービスが幅広くなりました。

それに伴い、学費も高騰しました。

1
2
3
ieNEXT 編集部
International Education NEXT 編集部は、国際教育の最新情報とノウハウをインターナショナルスクールの運営経験などを通して社会に情報発信をしています。 英語教育、留学、オンライン教育など国際教育のすべてをリサーチし、記事にし、参加できるイベントにしています。