世界の幼児教育:6歳までは、学ぶ準備期間?それとも社会性を育む期間?2つの幼児教育観

6歳までは、学ぶ準備?それとも社会性を育む?2つの幼児教育観

子育てにはさまざまな考え方があります。

遊ぶべきか、そう教育をするべきか?悩みは尽きないですね。
家庭内でも意見がわかれることもありますね。 幼児期は、のびのびとたくさん遊ばせてあげたい。 小学受験や中学受験も考えているご家庭もいるでしょう。 そのためには、子どもが幼いうちに習い事やスポーツが必要なのか。 それともたくさん遊んでもらうことが良いのか、とどれが正解なのか迷ってしまいます。 海外では、幼児期の教育についてどのように考えているのでしょうか。 ひとつのヒントが、OECD報告書にあります。

人生の始まりこそ力強く OECD報告書「Starting Strong」

経済成長や途上国支援への貢献を目的として設立された国際機関のOECD(経済協力開発機構)。 OECDと教育の関連では、3年に1度公表している、OECD加盟国の生徒の学習到達度調査(PISA)が良く知られています。TVで学力調査としてニュースとしてお聞きになった方も多いのではないでしょうか。 このOECDが世界の幼児教育・保育を調査した報告書があります。

それが「人生の始まりこそ力強く(Starting Strong)」です。

OECDは、「人生の始まりこそ力強く」を定期的に発刊しています。 これはOECDの幼児教育を調査したもので、2001年以降、数年ごとに調査報告されています。 OECDは、国の持続的な発展には「幼児期の基礎教育が重要である」と提言しています。 つまり、幼児期の教育がその後の人生に大きな影響を与え、最終的に国の成長にも影響を及ぼすと考えているからです。 私たち人は、生涯にわたってさまざまなことを学びます。 学校での授業はもちろんのこと、社会にでた後も社会性や業務に関係する資格の取得、ビジネスを成功させるのはどうすべきかなど、多くのことを学び続けます。 子育て中のお母さんの場合、わからないことや心配なことが多く、育児書やインターネットで情報を探す方も多いですよね。 「人生の始まりこそ力強く(Starting Strong)」は、お子さんの生涯学習の第一ステージと考え、“質の向上”にむけた政策を各国に重要性を説いています。

どうする?幼児期の「早期教育」

1
2
3
4
アオバ&MIST 宇野令一郎
アオバ&MIST 宇野令一郎 ムサシインターナショナルスクール・トウキョウ(旧リトルエンジェルス・インターナショナルスクール)理事長、アオバジャパン・インターナショナルスクール理事、熊本大学大学院教授システム学専攻非常勤講師。カナダ・McGill大学経営大学院(MBA)、熊本大学大学院(教授システム学修士)、慶応義塾大学経済学部卒業。2009年より現在まで、プリスクールからオンライン大学まで9つのスクールの設立や学校再生に関わる。 (株)東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入社後、海外留学等を経て、アジアと国内の投融資事業に従事。2009年よりBBT参画。BBT大学設立準備、初代学部事務局長。2011-2014年、日本eラーニングコンソーシアム理事。2013年よりアオバジャパン・インターナショナルスクール参画。2019年、文部科学省IB教育推進コンソーシアム立ち上げにあたり、発起人。共訳:『学習意欲をデザインする』(北大路書房)、共著:『グローバルに通用する異能を開花する(2015)』「答えのない世界-グローバルリーダーになるための未来への選択(2017)」「自ら人生の舵を取れ(2018)」「21世紀を生き抜く「考える力」(2020)」(ビジネス・ブレークスルー出版)。