バイリンガル 子育て論④ 英語と日本語がチャンポン?バイリンガル過程で起きる危機とは?

英語と日本語がチャンポン?バイリンガル過程で起きる危機とは?

バイリンガルになる過程で起きる「セミリンガル」「コードミクシング」とは

本記事は、アオバジャパン インターナショナルスクール理事で現在、ムサシインターナショナルスクールトウキョウの理事長の宇野令一郎氏が子どもにバイリンガルになって欲しい、という保護者向けに執筆した記事です。


「バイリンガルへの道」連載は、こちらです。
① 留意すべきポイント
② メリットと手法とは
③ バイリンガル先進国カナダの事例
④ 英語と日本語がチャンポン?バイリンガル過程で起きる危機とは?は、本ページです。


セミリンガルとダブルリミテッド

バイリンガル のデメリットとして大きな問題は、母語も第二言語も中途半端になることです。
豊富な言語母国語でのコミュニケーション機会が足りない場合に生じます。

幼児期に通う園や学校で100%第二言語環境におかれ、さらに家庭において母語での充分なコミュニケーションがなされなかった場合、第二言語は伸びていきます。
しかし、母語に発達の遅れや、母語と第二言語も同年齢の母国語話者と比較して遅れることがあります。

この状況は、最終的に母語が日本語から英語に入れ替わる、またはサポートにより母語の発達が回復するため、一時的です。

注意が必要な例があります。
それが、母語と第二言語とも中途半端な状況が続く場合です。
言語は思考力を形作る根幹です。

母語と第二言語とも中途半端な場合、思考力の低下やメンタルに悪影響が出る場合があります。

母語は、人が深い思考をするときに選択する重要な言語です。

1
2
3
4
アオバ&MIST 宇野令一郎
アオバ&MIST 宇野令一郎 ムサシインターナショナルスクール・トウキョウ(旧リトルエンジェルス・インターナショナルスクール)理事長、アオバジャパン・インターナショナルスクール理事、熊本大学大学院教授システム学専攻非常勤講師。カナダ・McGill大学経営大学院(MBA)、熊本大学大学院(教授システム学修士)、慶応義塾大学経済学部卒業。2009年より現在まで、プリスクールからオンライン大学まで9つのスクールの設立や学校再生に関わる。 (株)東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入社後、海外留学等を経て、アジアと国内の投融資事業に従事。2009年よりBBT参画。BBT大学設立準備、初代学部事務局長。2011-2014年、日本eラーニングコンソーシアム理事。2013年よりアオバジャパン・インターナショナルスクール参画。2019年、文部科学省IB教育推進コンソーシアム立ち上げにあたり、発起人。共訳:『学習意欲をデザインする』(北大路書房)、共著:『グローバルに通用する異能を開花する(2015)』「答えのない世界-グローバルリーダーになるための未来への選択(2017)」「自ら人生の舵を取れ(2018)」「21世紀を生き抜く「考える力」(2020)」(ビジネス・ブレークスルー出版)。