令和初の宇宙飛行士募集へ!国際教育の学びがぎっしりの宇宙飛行士試験

二次選抜では、医学検査、面接試験(英語、専門)があり、50名から10名まで絞られます。
7月に始まった宇宙飛行士受験は、二次選抜まで3ヶ月ほどで三次選抜に向かいます。

三次選抜は、JAXAとNASAでの長期滞在で適性を選ぶ最後の難関です。

三次医学検査や長期滞在適性検査、泳力試験、面接試験では、JAXAの宇宙飛行士と NASAの宇宙飛行士などの面接を受けます。

最終的な合格者は、3名でした。

地球を見渡すことが許されるのは、ほんの一握り。

宇宙飛行士の応募条件とは?

詳細は、今後掲載されるJAXAの公式ホームページを参照ください。
編集部が注目するのは、次の3つの項目です。

1.国際的な宇宙飛行士チームの一員として訓練を行い、円滑な意思の疎通が図れる英語能力を有すること。

英語でコミュニケーションできる能力が必須です。

2.宇宙飛行士としての訓練活動、長期宇宙滞在等に適応することのできる医学的、心理学的特性を有すること。

宇宙という助けを求めることができない場所で、メンタル的にもマインドフルネスや心をコントロールできる力が必要です。

海外に留学するなどアウェーで生活することも土台になります。

1
2
3
ieNEXT 編集部
International Education NEXT 編集部は、国際教育の最新情報とノウハウをインターナショナルスクールの運営経験などを通して社会に情報発信をしています。 英語教育、留学、オンライン教育など国際教育のすべてをリサーチし、記事にし、参加できるイベントにしています。