【学校分析】英国 名門 ハロウ安比校 開校計画

ウィストン・チャーチルは、ハロウの学びである文学や美術の教養を体現する人物のひとりです。

ハロウ安比校はイギリスのハロウ校が持たないスキー場に隣接しています。

ハロウ安比校は、英国本校と海外の各インターナショナルスクールで歴史と伝統をその国でローカライズもしてきました。

例:ハロウ校×バンコク(タイ)
ハロウ校×香港
ハロウ校×上海(中国)など

今回、日本では、STEAM教育やスポーツ、自然などの教育でさらにバージョンアップしたとハロウの教育が実施されます。

いわば、次世代のハロウの教育に出会える計画がハロウ安比校といえます。

そのため、自然と触れ合う中でより精神的にバランスが取れ、多様な生徒ともに学び、リーダーシップを持った人材が安比校から輩出されるのではないでしょうか。

ウィストン・チャーチルが20世紀のハロウ校の著名な一人であれば、21世紀の著名な一人は、ハロウ安比校から世界に出ていくのではないでしょうか。

編集部は、開校計画で日本にハロウ校が開校する意義を450年の歴史から期待とともに分析しました。

詳しくは、公式ホームページをご参照ください。

公式HP:ハロウインターナショナルスクール安比ジャパン

1
2
3
4
編集長 村田 学
International Education NEXT 創刊編集長。アメリカ生まれ、日本育ちの帰国生。「インターナショナルスクールは、平和の指数」と考えています。 紛争地域や独裁政権下では、外交をはじめ政治、経済などで外国人が家族で赴任することが少ないからです。 ちなみに編集長ですが、3歳でアメリカの幼稚園を2日半で退学になった「爆速!退学」経験者です。 元インターナショナルスクール経営者で、国際バカロレアの教員研修を修了。 日本初のインターナショナルスクール専門メディアの創刊編集長を務めた後、「次世代国際教育メディア」の International Education NEXT 創刊に伴い編集長に就任しました。 【取材協力】 国際教育評論家「まなぼん」としてTV、WEBメディア、ラジオなどにも出演し、新聞のインタビュー、雑誌などにも寄稿しています。 開校コンサルティング、経営再建など実務経験から活躍しています。