WASC認定とは?〜インターナショナルスクール術

その背景には、第二次世界大戦後のGHQ占領下まで遡ります。
日本全国に米軍基地があり、その結果、アメリカ系インターナショナルスクールが日本の多くできました。

WASCは、太平洋の向こう側のカルフォルニア 州、すなわち日本に最も近いアメリカの国際認定組織でした。
GHQ占領下に日本でできたアメリカ系スクールを「スクールとして認定する」必要があり、WASCの担当者は、わざわざ日本まで来て「きちんと運営されている」ことを査察に来ました。

認定組織は、中立な認定を授けるため、様々な角度から教育機関としての体系を調査します。 そのため、査察中は査察官用の専用ミーティングルームを用意するのが慣しです。

日本には、多くのアメリカ系インターナショナルスクールがあり、WASC認定を受けていますが、その背景には、戦後の日本の歴史があります。

今でも、オンラインを使い、さらに実際に生徒・保護者・教員・職員などに聞き取り調査をし、スクールの理念とカリキュラムの整合性、先生の教え方、経歴、理事会の運営の仕方から財務などあらゆることを定期的に調査をしています。

スクールを評価・認定するWASC

WASCは、学校として運営方法(ガバナンス)、教育方法、カリキュラムや教職員の資格(教育免許)、会計や財務状況など「学校全体」を様々な視点から監査します。

認定組織の「査察」は、3日間ほどですが、徹底的に聞き取り、立ち入り、帳簿の閲覧、そしてレポートします。 場合によっては、保護者向けの説明会まで開催することがあります。

スクールのあらゆることを調査して、中立的に評価し、合格ならば「認定」してくれます。
すなわちWASCが認定した=「WASC認定校」となるのです。

スクールとして「正しく運営されている」と調査し、中立的に認めてくれる国際認定は、この他にもイギリス系のISIやキリスト教系のASISなどがあります。

1
2
3
4
ie NEXT 編集部
International Education NEXT 編集部は、国際教育の最新情報とノウハウをインターナショナルスクールの運営経験などを通して社会に情報発信をしています。 英語教育、留学、オンライン教育など国際教育のすべてをリサーチし、記事にし、参加できるイベントにしています。