WASC認定とは?〜インターナショナルスクール術

国際認定は、スクールにとって「健全」な運営をしている証です。

インターナショナルスクールの小中高を検討しているご家庭は、受験するインターナショナルスクールがどの「国際認定」を受けているか、を確認してくださいね。

文部科学省は、WASCをどう捉えているのか?

戦後日本の歴史的背景もあり、文部科学省は、WASC、CIS、ACSIの各国際認定を受けたインターナショナルスクール卒業生には、「大学志願資格」を与えています。

”インターナショナルスクール(外国人学校)の所在地が日本であるか外国であるかにかかわらず、国際的な評価団体(WASC、CIS、ACSI)の認定を受けた教育施設(国際的な評価団体認定外国人学校について)の12年の課程を修了し、18歳に達していれば大学への入学資格が認められます。”

出典:文部科学省 http://www.mext.go.jp

すなわち大学を受験することができる権利です。

WASCをはじめ、CIS、ACSIから認定を受けているインターナショナルスクールに通学し高等部を卒業した場合、日本の大学志願資格が与えられます。

インターナショナルスクールは9月が新年度のため、日本の大学に4月入学する場合、早生まれ、遅生まれなどが影響するケースもあります。

まとめ

WASC認定のインターナショナルスクールを卒業すると、アメリカをはじめ、ほぼ全世界の大学志願資格が得られます。
日本でも、文部科学省が認める学校認定のひとつにWASC認定も含まれているので、認定校を卒業すると日本の大学の志願資格を与えられます。

1
2
3
4
ie NEXT 編集部
International Education NEXT 編集部は、国際教育の最新情報とノウハウをインターナショナルスクールの運営経験などを通して社会に情報発信をしています。 英語教育、留学、オンライン教育など国際教育のすべてをリサーチし、記事にし、参加できるイベントにしています。