【保育無償化】でどう選ぶ?〜プリスクール術

保育無償化でプリスクール選びの幅が広がりました。

これまで、お子さんの最初の学校選びで、幼稚園、保育園が選択肢のご家庭が多かったのではないでしょうか。

授業料が100万円以上となるプリスクールは、共働きでも手が出ない金額でした。

しかし、2019年10月から施行された「保育無償化」によって、認可外保育施設のプリスクールにも補助金の対象となったのです。

そこで保育無償化とプリスクールについてご説明します。
その前に幼稚園、保育園、こども園についてその違いを知っておきましょう。

■幼稚園
保育対象:3歳になった春から小学校入学前まで(3年保育の場合)
保育時間:9時から14時くらいまで
給食:お弁当持参または給食など
免許:幼稚園教諭
所管:文部科学省

幼稚園は文部科学省が所管している施設で、小学校前の学習を行う「教育施設」です。
教育面が充実しており、礼儀作法なども身につけられます。

■保育園
保育対象:保護者の事情により保育に欠ける0~1歳児から、小学校入学前まで
保育時間:7時半くらいから17時~18時くらいまで
給食:給食
免許:保育士
所管:厚生労働省

保育園は厚生労働省が所管している施設で、就労している親の代わりに保育する「福祉施設」です。幼児のころから預かってもらえるのでトイトレなどもサポートしてもらえます。

1
2
3
ie NEXT 編集部
International Education NEXT 編集部は、国際教育の最新情報とノウハウをインターナショナルスクールの運営経験などを通して社会に情報発信をしています。 英語教育、留学、オンライン教育など国際教育のすべてをリサーチし、記事にし、参加できるイベントにしています。