セレブ教育ハック 1:英国王室 ジョージ王子のモンテッソーリ教育

写真:The Mega Agency/アフロ

セレブ教育ハックは、著名人の子どもの教育をヒントとする連載です。

1回目は、英国王室のウィリアム王子、キャサリン妃がジョージ王子にモンテッソーリ教育を選んだ事例を紹介しましょう。

子どもの性格や素質は、さまざまです。

また育つ環境、家庭の教育理念によってもお子さんの未来は変わります。
広い選択肢から子どもに合う園や学校、習い事などを選びたいですね。

そこで子どもが輝く学びの選び方として、セレブリティーの子育ても参考にしながら、学びの選択肢を「セレブ教育ハック 」としてご紹介します。

1回目は、ウィリアム王子、キャサリン妃がジョージ王子に選んだ「モンテッソーリ教育」です。

ジョージ王子のモンテッソーリ

ジョージ王子は、英国王室の王位継承権の3位となり、チャールズ皇太子、ウィリアム王子に続きます。

そのため英国王室が、未来の王様にどのような教育をするのか。
ジョージ王子の最初の「学校選び」は、世間的に大きな注目を集めました。

誕生時からすべてにおいて注目を集めたジョージ王子が最初に通った教育機関は、Westacre Montessori School Nursery in Norfolk です。

Westacre Montessori School Nursery in Norfolkの公式サイトより引用

ウィリアム王子、キャサリン妃は、ジョージ王子を2歳からモンテッソーリ教育を取り入れたWestacre Montessori Schoolに通い始めました。

ナーサリーは、日本の保育園の2歳児クラスをイメージすると分かりやすいですね。

ジョージ王子は、当時イギリスのノーフォークにあるAnmer  Hall(エリザベス女王から結婚祝いに譲り受けた屋敷)に住んでいました。

ウィリアム王子、キャサリン妃は、ジョージ王子の最初の学校選びに家から近い、生徒数20人前後のアットホームなモンテッソーリ教育に取り組んでいるナーサリーを選びました。

公式インスタグラムでもモンテッソーリの用具がアップされています。

カラフルで、そして木の温もりが伝わってきます。

こうしてジョージ王子は、ウィリアム王子と二代続けてモンテッソーリ教育で学んだ王族となりました。

1
2
3
ieNEXT 編集部
International Education NEXT 編集部は、国際教育の最新情報とノウハウをインターナショナルスクールの運営経験などを通して社会に情報発信をしています。 英語教育、留学、オンライン教育など国際教育のすべてをリサーチし、記事にし、参加できるイベントにしています。