なぜ、バリ島発祥のグリーンスクールは世界に拡散していくのか?

インドネシアのバリ島に開校した幼稚園から高校まであるグリーンスクール

アメリカにある国際教育認定組織のWASC認定校のインターナショナルスクールです。

学びは、グリーンスタディーズ、環境科学、起業家学習、クリエイティブアートが特徴です。

2008年に開校し、「地球上で最もグリーンな学校」賞を2012年に授賞。
地域の学生向けに課外活動プログラム「Kul Kul Connection」を放課後に開講しています。

バリ島にあり、オーガニックな教育はこれまでの詰め込み教育ではない、ナチュラルな学びを求める生徒と保護者の心に響きました。

大量生産、消費から地産地消、多様性、持続可能性、起業家など新たなキーワードとともに社会に必要な学びをグリーンスクールは背負っています。

グリーンスクールが提案する「新しいIQ」インテリジェント クエスチョニングとは?

グリーンスクールは、インテリジェンスを、既存の知識を使用し、利用可能な情報にアクセスして新しい問題を解決する能力と定義しています。
従来のIQではなく、「問題」に対して正しい質問をする知的能力を「新しいIQ」として定義しています。

授業料は、年間160万円(為替により変動あり)です。
グリーンスクールが開校し、バリ島からその教育理念は世界へ広がります。

拡大ではなく、グリーンスクールの哲学が世界に拡散しています

ニュージーランドにも開校

バリ島にあるグリーンスクールは、そのコンセプトともにニュージーランドにも開校しました。

▽公式ホームページから引用。エグモント国立公園に隣接したキャンパスです。

グリーンスクールの哲学

“グリーンスクールは、自然環境の中で、コミュニティに統合された起業家学習を通じて、持続可能性を学びます。”

1
2
3
4
ieNEXT 編集部
International Education NEXT 編集部は、国際教育の最新情報とノウハウをインターナショナルスクールの運営経験などを通して社会に情報発信をしています。 英語教育、留学、オンライン教育など国際教育のすべてをリサーチし、記事にし、参加できるイベントにしています。