ドラゴン桜の英語リスニング力は、「YouTube 口ずさみ」でさらに 得点UP♪

英語リスニング力は、「YouTube 口ずさみ」でさらに 得点UP

ドラゴン桜でお笑い芸人ゆりやんレトリィバァが教えた「英語リスニング力」を上げる方法が注目を集めました。

▽ドラゴン桜の公式ツイッターより引用。

音声を耳にして即座にボソボソ復唱する「ボソボソシャドーイング」を教えました。

インターナショナルスクール卒業生に確認!

編集部は、インターナショナルスクール卒業生で、タフツ大学で学んでいるアンジュ記者に確認!

「ボソボソ」英文を話すシャドイングも重要ですが、編集部がその前にして欲しいのが、英語で話すことを臆することなくする「マインドセット」です。

実は、英語を話すときに日本語とは違う、表情筋を使います。
日本語のように「ボソボソ」英文を話すのもシャドイングですが、より英語にコミットしていくためには、英語の歌を歌ってほしいのです。

それも歌うのではなく、「モノマネ」レベルで表情まで作って歌ってください。
表情筋と発音をコテコテに真似る。

その「モノマネ」レベルのシャドーイングが、リスニング力とスピーキング力も鍛えることができるからです。

カラオケが閉まっている。

シャドイングのオススメは「ひとりカラオケ」ですが、コロナ禍で閉まっています。

そこで、オススメなのが、「YouTubeで口ずさみ」です。

YouTube で口ずさみ」で、代表的な曲の中から選んでみました。

グラミー賞を最も受賞したブルーノ・マーズ

アンジュ記者:Bruno Marsは、フレーズのリピートが多く、テンポがゆっくり。歌詞を見ながら歌うにはちょうど良いですね。

YouTube で16億回、再生されているJust the way you are。

編集部:カセットテープで絵を描くシーンは、懐かしさと青春ぽさが良いですね。

”Just the way you are”とありのままの君が素敵だ、と歌うブルーノ・マーズ。
歌いやすく、なりきりブルーノしてください。

歌姫アデル

杏樹記者:Adeleは、スローな曲が多く、Someone like you もオススメです。

編集部:ゆったりしたテンポに、せつなさの海が広がるHello。受験勉強の気持ちを感情豊かに歌い上げてください。

圧倒的な歌唱力Lady Gaga

アンジュ記者:Bradley CooperとのデュエットソングのShallowがオススメです。
スローですが、ちょっとむずかしいかも。

編集部:バイデン大統領就任式で国歌斉唱したレディガガですね。
友達と歌い合うのも面白いかも。

ポップ界のアイコンKaty Perry

アンジュ記者:Katy perryは、女性目線の恋愛系が多く、意味はわかりやすい内容です。
年齢層はティーンエイジャーより上で、スラングも入っています。
ただテンポが速い曲でノリやすくシャドイングができるかも。ケイティの曲では、I kissed a girlもオススメです。

編集部:gleeとコラボしたMVも良いですね。やらかした金曜日のパーティーを明るく歌ってますね。まさに青春あるある。Do it all again?
カルフォルニアガールズfaet キティちゃんの世界ですね。

クマさん系優しさ1000% Ed Sheeran

杏樹記者:Ed Sheeranも、スローな曲が多くて、シャドイングに歌詞を覚えて歌えますね。

編集部:シーラン節、スィートですね。めちゃ褒めまくりの曲ですね。you look perfect tonightですね。

カントリーがキュートなTaylor swift

アンジュ記者:Taylor swiftは意味がとてもストレートで恋愛曲が多いですね。Love story も、We are never ever getting back togetherも。全体的に恋愛ソングが多いですね。

編集部:Love story のロミオとジュリエットを例えに、恋心を歌うLove story。ノリやすくて歌いやすい曲ですね。

インターナショナルスクール卒業生の歌手

編集部は、アンジュ記者にインターナショナルスクール卒業生のTakaがボーカルのONE OK ROKCのRenegadesを聴いてもらいました。

アンジュ記者:(あまりワンオクは聞かないのですが)とてもテンポよく、ロック系だけど、意味がしっかりしています。

私が思うにrenegadeは直訳すると裏切り者とかいう意味を持っていますが、この曲でのrenegadeは、私たち若い世代が、今ある社会の「普通」、求められているもの、固定概念なのに対して反発?しよう。といった意味と思いました。

1
2
3
ieNEXT 編集部
International Education NEXT 編集部は、国際教育の最新情報とノウハウをインターナショナルスクールの運営経験などを通して社会に情報発信をしています。 英語教育、留学、オンライン教育など国際教育のすべてをリサーチし、記事にし、参加できるイベントにしています。