成長につながる振り返りの重要性と手法

成長につながる振り返りの重要性と手法

成長を実現する振り返り術

忙しい日々の中でも「振り返り」を行うことによって自らの成長を実現することが可能です。
日々の出来事を孤立した単純な出来事と捉えてしまうと、実は多くの学びの機会を失っていることになるのです。

今回の記事では振り返りの重要性と効果的に行う手法を紹介していきます。

振り返り(リフレクション)の意味とは?

振り返りとは、自らの言動や傾向を客観的に捉えます。
次に向けた改善点の洗い出しを行い、その改善点を実行することです。
英語では、リフレクション(reflection)と呼ばれています。
小学校に通っていた時など学校で終わりの会など憶えている方も多いと思います。


この振り返りは、クラス全体のリフレクションと言えます。

この重要性を指摘しているのが学者のピーター・ドラッカーです。
ドラッカーは、ビジネスパーソンをはじめ多くの方が振り返りを行うことによってより効果的な行動を選ぶことができるとしています。

「効果的な行動のあとには静かな振り返りを行おう。その静かな振り返りからより効果的な行動がうまれる」

“Follow effective action with quiet reflection. From the quiet reflection will come even more effective action.” – Peter Drucker

振り返りの重要性:学習やパフォーマンスにおける有効性?

リフレクションは、パフォーマンスが目標を超える成果をあげている要因を明確化にします。

目標を下回っている場合に原因の特定や修正を行う上でとても有効です。

振り返りを行うことで、設定した目標に対してのパフォーマンスが把握でき、より客観的になるのです。

その結果、行動を効果的に修正することができますす。

お子さんの学校生活やお子さんとの関係など何かがうまくいっていない時、時間を遡って振り返りますね。
しかし、ここで重要なのが、日常的にリフレクションをすることです。

ディ・ステファノは、リフレクションの日々のリフレクションについて次のように研究を公表しました。

コールセンターで働いている従業員のパフォーマンスは、1日の終わりに15分間、その日の学びについてリフレクションを行なった従業員は、行わなかった従業員に比べて23%(10日後)パフォーマンス向上が見受けられました。

日常的にリフレクションを行うことで、今まで意識していなかった、自分の癖や行動、作業の細かな改善点に気付くことができます。

さらに、日常的な作業に意味づけを行うことができるので、より深い学びや気づきに繋がるのです。

リフレクションは、私たち親だけでなく、お子さんにも習慣付けたいですね。

リフレクションと反省の違い

日常生活や仕事などでリフレクションを行っている方も大勢いると思います。
個人やチームでリフレクションを行う際にはその振り返りが「反省」に留まらないことが重要です。

「反省」とはすでに起きてしまったことに対して、「なぜそれが起きてしまったのか?」「責任はどこにあったのか」など結果や要因、結果に対して責任を考えることです。

リフレクリフレクションは、起きたことを扱うのですが、ポイントは結果や要因ではありません。
重要なのは、それらを踏まえて具体的な次のステップを決めることです。

「反省」は、目的が責任の所在や結果の要因を明確化することです。
そのため、次の一手の話が具体的に決まらないことが多々あります。

では、お子さんを単に反省させるのではなく、次のステップに導くには親としてどのようにリフレクションを行えばいいのでしょうか。

家庭でもできるリフレクション

家庭お子さんとその日にしたことをに対してリフレクションを行うことで学びを深めることが可能です。 

お子さんのの『リフレンクション』力を引き出すためには、まず個人として振り返る力を高める必要があります。 

1
2
アバター
「社会とともにイキイキと生き続ける力を引き出す」 世界は大きく変化し続けています。テクノロジーの発達やグローバル化はスピードと規模を増し、未来における不 確実性は高まる一方です。 これからの未来に生きる人々には、正解のない不確実な社会を、自分らしくイキイキと生 き抜く力が必要とされているのではないでしょうか? 我々はこのような基本姿勢に立ち、Katsuiku Academy を設立、サマーキャンプや学校での通年授業などの活動を 行ってまいりました。 これらの活動の中で、「キャンプだけだと物足りない」「スポットでなく、ずっとこういうカリキュ ラムをやってくれる場を創って欲しい」といったご要望を多数いただき、「全く新しい学校」を設立することを決意い たしました。 学校設立には多様なメンバーが集結しました。国内外のトップ企業のリーダーシップ研修のデザイナー・ファシリ テーター、日本の高校生を海外のトップ大学に進学させている学校長、自身で起業した会社を上場させ 15 期連続増収 増益の大企業へ成長させているアントレプレナー、等々。多彩なメンバーが Katsuiku Academy という学校の設立・ 運営に携わります。