3つの「STEAM+好奇心+英語」が子どもを強くする

AI時代に3つの教育キーワードがあります。

それが「STEAM+好奇心+英語」です。

21世紀のAI時代を生きる子どもたち。
今の学校で学ぶことに加え、今後、必要とされる体験や発想、スキルを家庭で補う必要があります。

「STEAM+好奇心+英語」のキーワードをどのように家庭が取り組むべきでしょうか。

それがこちらの5つのアクションプランです。

  • 「基礎学力・スキル」は日本の義務教育で身につける。
  • 21世紀に一層重視される「STEAM」は、子どもの好奇心が開花する内容で学ぶ
  • 英語コミュニケーション力は、英語単体ではなく、好奇心のあるテーマ(STEAM分野等)を通じて、頭と手足で身につける
  • 自宅でも学びが継続する仕掛けを作る

基礎学力は、小中学校は義務教育で身に付けます。

ITなど導入が遅れている教育は、親が使っているipadなどのタブレットに遊びながら学べる教育ゲームも良いでしょうか。

また、音声入力は進化が大きく、Amazon EchoやGoogle Homeなど音声入力と音声リサーチをどのように使いこなすことで効果的に調べる情報が手に入るか、を体験しておく必要があります。

義務教育は最先端のITをカバーするには時間がかかるため、その時間差をご家庭で補う費用があります。

「STEAM」は、子どもが好奇心を持っている分野で、自然科学、アート、音楽、エンジニアリングなど触れていきましょう。

例えば、ロボットが好きなお子さんは、ロボットを作るブロックや動作するモーターをどのような角度で取り付けることで「機能」になるのかを理解します。